健康情報

健康に関する論文をジャンル毎に分け、短くまとめたページです。

健康関係のブログは毎日書いていますので、よろしければご覧ください(こちら)。

整体 リハビリ 健康 論文 情報

健康関連の論文紹介


脳卒中関連

☑ 10年間の累積再発率は、脳梗塞50%、脳出血56%、クモ膜下出血70%と言われている(PMID:15716529 )。

☑ 高血圧、脂質異常症、糖尿病、心房細動の人がなりやすい(脳卒中ガイドライン2015)。
☑ 障害された脳の反対側の手だけでなく同側の手にも障害が出る(PMID:2919190)。
☑ 在宅で麻痺した上肢を拘束する治療(CI療法)と標準療法とでは効果に差はなかった(PMID:26231624)。
☑ 慢性期の脳卒中患者でも、介護者が介入すると身体機能が回復する(PMID:24788580)。
☑ 脳卒中後遺症者の地域における活動や参加は、歩行速度やバランス能力といったパフォーマンス指標でなく、転倒恐怖感が関連する(PMID:22502804 )。
☑ 全身振動刺激( Whole Body Vibration )は下肢の痙縮の抑制に効果的である(  PMID:23035004 )。
☑ 発症してから半年後の調査では、右片麻痺より左片麻痺の方が自立度が低い(PMID:7104665)。
☑ 片麻痺の歩行では、安全性を考慮すると麻痺側から降り出した方が良いが、効率性を考慮すると非麻痺側から降り出した方が良い(長田悠路ら,2015)。
☑ 脳卒中に対するリハビリで運動イメージの効果に関する報告は質が低いものが多い(Guerra,2017)。
☑ PM2.5が多い環境にいると、脳梗塞・脳出血ともに発症するリスクが高まる(Huang K et al,2019)。
☑ 脳卒中片麻痺患者の歩行の歩幅を視覚フィードバックにて左右対称にするような訓練を実施しても、エネルギー効率に変化はみられなかった(Purnima Padmanabhan et al.J,2020)。
☑ 脳卒中後の肩の痛みは、上肢の運動機能低下、糖尿病、肩の痛みの病歴が関連していた(Richard J Holmes et al,J Stroke Cerebrovasc Dis,2020)。
☑ 脳卒中の歩行のリハビリに対して運動イメージの有効性があるとはいえない(Stephano Silva et al. Cochrane Database Syst Rev. 2020)
☑  地球規模での25 歳以降の脳卒中の推定生涯リスクは 24.9%(男女差ほぼなし) (GBD 2016 Lifetime Risk of Stroke Collaborators et al. N Engl J Med. 2018) 。
☑  配偶者がいない人は認知症になりやすいのに加え、脳卒中に対するリスクは 1.81 倍(PMID:34034362)。

五十肩・肩こり・手痛関連

☑ 肩痛は身体、精神的にダメージ大きく、QOL(生活の質)に強く影響する(PMID:31132288)。
☑ 肩関節の腱板損傷の2/3は無症状である(PMID:21454096)。

☑ 糖尿病患者は五十肩(凍結肩)になりやすく治癒が困難である(PMID:29094212)。
☑  精神的ストレスが大きいと、肩こりや首の痛みになるリスクが2.33倍高くなる (PMID: 28314616 )。
☑ 三角筋、上腕三頭筋、大胸筋、広背筋、上腕二頭筋などの上肢の筋肉で最も体積が大きい筋肉は三角筋で、次いで上腕三頭筋だった(PMID:17241636)。

腰痛関連

☑  痛みの繰り返しは構造的な損傷よりも、活動、ストレス、気分の変化に関連している(PMID: 31892534 )。
☑ 腰痛になりやすい人の特徴は、体幹側屈減少、腰椎前弯減少、ハムストリングス柔軟性低下である(PMID:  28476110 )。
☑ 腰痛がある人は、ない人と比べて股関節の伸展角度が10°以上小さい(PMID:25709858)。
☑ 背中を丸めて座っている姿勢は、20分程で腹斜筋・腹横筋が疲労し始めた(PMID:27014491)。

☑ 腰椎後弯の状態で側屈(横に曲げる)すると腰痛になりやすい(PMID:7280828)。
☑ ぎっくり腰の1年以内の再発率は33%である(PMID:28355981)。
☑ 腰痛の人は腰痛がない人に比べて、股関節外転・股関節伸展・膝伸展筋の筋力低下がみられた(Camila Santana de Sousa.2019)。
☑ 腰痛は運動をするだけで軽減することが可能。腰痛指導、コルセット、インソールの単独だけでは腰痛軽減は難しい(PMID:26752509)。
☑ 身長と年齢が上がるにつれて、 L5/S1椎間板圧縮力が増加する(茅原崇徳ら,2018)。 

膝痛関連

☑  膝関節には通常の歩行で体重の 約 3 倍,階段昇降で体重の約 5 倍の負荷がかかる (Taylor WR,2004)
☑ 健常高齢者の68.8%の膝に炎症性と構造の異常がみられた。炎症は年齢、男性、糖尿病と有意に関連していた(Maria Antonietta D'Agostino,2015)
☑ 膝関節が悪い人は、激しい運動を週1-2時間した方が、かえって変形性膝関節症になるリスクが30%減少した(Alison H,2020)。

股関節疾患関連

☑ 人工股関節置換術を行った患者の58%が25年は再置換術せずにもつ(Janathan T Evans,2019)。
☑ 1995年の調査による人工股関節置換術後の脱臼リスクは約3%(PMID:12533568)。※現在は1%以下と言われている。
☑ 変形性股関節症の人は側弯症を呈している人が約40%で、患側に凸の人が多い(森本忠嗣,2010)。
☑ 変形性膝関節症と変形性股関節症の痛みや機能の改善には有酸素運動かmind-body exerciseが有効。複合的プログラムは有効とはいえない (Siew-Li Goh et al. Sports Med. 2019) 。
☑  股関節の静的・動的ストレッチをすると肩関節の可動域が拡大、肩関節の静的・動的ストレッチをすると股関節の可動域が拡大した(David George Behm et al. Eur J Appl Physiol. 2016) 。
☑  変形性膝・股関節症に対して、理学療法士が行う運動療法と教育は薬理学的な鎮痛剤と同等以上の効果を発揮する。週2回、少なくても12回の介入が必要 (Søren T Skou et al. Clin Exp Rheumatol. Sep-Oct 2019) 。

頭痛関連

☑ 慢性的な頭痛を持っている方は睡眠障害と精神疾患を持っている方多い(PMID:20572880)。
☑ 片頭痛の要因はストレス(62%)、天気の変化(43%)、食事の欠如(40%)、明るい日光(38%)が挙げられる(PMID:8014037)。
☑ 頭痛を持っている成人を調査した結果、緊張型頭痛が約42%、片頭痛が11%と緊張型頭痛が片頭痛より多かった(PMID:17381554)。
☑ 鉄欠乏性貧血と頭痛は関連が強く、約8割が頭痛の訴えがある(PMID:25854909)。
☑  片頭痛は、低気圧、高湿度、明るい日差しが影響し頭痛のきっかけになることが多い(Patricia B Prince et al. Headache. 2004)。 


健康関連

☑ 快適速度で歩く量より、速く歩く量の方が、体力向上と生活習慣病改善に関係がある

(PMID:31477320 )。
☑ 高齢者に対しては、中程度の強度(maxの60%)の連続運動より中程度の強度のインターバル運動の方が脳の血流が促進された(Christopher D,2019)。
☑ 睡眠の改善の為には就寝の1〜2時間前に40〜42.5°Cの入浴が良い(PMID:31102877)
☑ 健康を保つ為には、男性は交流、女性は外出が大事(PMID:26799166)。
☑ 筋トレの負荷量は回数より「疲れるまでやる」というのが大事(Baz-Valle,2018)。
☑ 低負荷の運動でもゆっくり行えば筋肥大と筋力向上が得られる(Watanabe,Ishii,2014)
☑ 1 日のテレビ視聴時間が2時間増えると、2型糖尿病の発症リスクが20%,心疾患のリスクが15%,早死のリスクが13%高くなる(Grøntved A,2011)。
☑ 1日6時間未満睡眠・9時間以上睡眠は心筋梗塞のリスクを高める(Iyas Daghlas BS、2019)。
☑ ウォーキング時の衝撃は脳内の組織液を流動させ、神経細胞を機能変化させる(Miyazaki T,2019)。
☑  慢性疼痛の要因のひとつである「破局的思考」は、痛みに対して注意がとらわれることや無力感、痛みの脅威を過大評価することで特徴づけられる認知過程である( 水野泰行,2010)。
☑ 毎日10分以内の掃除等の身体活動を継続すると要介護化のリスクが軽減する(Tao Chen,2020)。
☑ 慢性の痛みの度合いと変形性関節症は、脂肪・糖の摂取と正の関係を示す(PMID:32150934)。
☑ 筋トレを開始して初期の筋力UPの効果は神経適応によるものを示す(PMID:30727028)。
☑ 65歳以上の人は、10分以内でも中等度の運動を継続すれば要介護になるリスクが軽減する(PMID:32134454)。
☑ 100歳まで生きるには、近隣の歩きやすさ、高い社会経済状態、就労世代の割合の多さなどの環境が影響している(Rajan Bhardwaj et al.2020)。
☑ 睡眠時間が通常より1.5~2倍短いと反応速度は速くなるが、ミスが多くなり、ポジティブな感情が低下する(Ingvild Saksvik-Lehouilier et al.2020)。
☑ 地域の転倒予防教室に参加している人は転倒率が低い(Birgit Wurzer et al,Arch Phys Med Rehabil,2014)。
☑ 集団での運動と、個別でPTによる介入を比べると、高齢者の転倒、QOL、バランスの改善に差はない(Estelle Gallo et al,2018)。
☑ 水分摂取は肥満や糖尿病に関連するホルモンの一種バソプレシンを抑制する(PMID:33320834)。※動物実験
☑ 森林歩行は都市での歩行に比べてストレスホルモン低下、脈拍減少などがみられた (Bum Jin Park et al. Environ Health Prev Med. 2010)。
☑  孤独感↑、社会的孤立、独居の高齢者は死亡リスクが高い(26〜32%増) (Julianne Holt-Lunstad et al. Perspect Psychol Sci. 2015) 。
☑  家庭での身体活動(片付け、掃除、食事の準備と片付け、買い物、庭仕事、修理、介護等)に費やした時間は、高齢者の脳容積、特に灰白質容積と正の相関があった (Noah D Koblinsky et al. BMC Geriatr. 2021) 。
☑  受動喫煙は肺がんだけでなく口腔がんのリスクも高める(約2倍)(Lorena C Mariano et al. Tob Control. 2021) 。
☑  週に合計150分以上運動するよりも、一日にまとめて150分以上運動する方が体脂肪率減少の効果が高い可能性あり (Marie H Murphy et al. Sports Med. 2019)。 

☑  幼少期から中年期までの縦断的な収縮期血圧の上昇、総コレステロールの高値、肥満は中年期の認知機能と逆相関していた (Juuso O Hakala et al. Circulation. 2021) 。
☑  幸福感は健康な人と病気の人の両方において死亡率を低下すると言われているが、健康的な食事や運動を習慣としている人は幸福感が高い (Toshihiro Takao et al. Biopsychosoc Med. 2021) 。
☑  1度でも約4.5kg以上の体重の増減を繰り返した経験したのある女性は、不眠症やその他の睡眠障害のリスクが高まるかもしれない (Vivian Cao et al. J Cardiovasc Nurs. 2021) 。
☑  就寝の1時間前までに激しい運動をすると睡眠の質が低下する可能性があるが、夕方の運動は睡眠に良い影響を及ぼす(Jan Stutz et al. Sports Med. 2019)。 

☑ 世界の約3分の1の人口が肥満(BMI30以上)である(GBD 2015 Obesity Collaborators et al. N Engl J Med. 2017)。
 ☑  地域在住脳卒中患者の転倒要因は、 移動能力の低下 、バランス能力の低下 、向精神薬の使用 、セルフケアの障害 、うつ病 、認知機能障害 、転倒歴の順番で大きいとされている( PMID: 28797618) 



内部疾患関連

☑ 慢性腎不全患者の転倒率が高い(PMID:26510510)。

☑ HbA1c 値の低下は運動量(頻度) の増加と相関があるが運動強度とは相関がなかった(Umpierre D,2013)。
☑ 高血圧患者は朝より夕方の有酸素運動の方が高圧効果が高い(PMID:30489494)。
☑ COPDの患者は骨粗しょう症の割合が非常に多い(R Q Graumam et al. Osteoporos Int. 2018 Jun)。
☑ 暗算が起立性低血圧を緩和させた (Nandu Goswami et al. Physiol Behav. 2012)。
☑ 定期的な持久力運動は高齢者の心拍変動の改善をもたらす (Jérémy Raffin et al. Sports Med. 2019) 。
☑ 血圧140/90以上→有酸素運動 、血圧130/84未満→等尺性筋力強化 が血圧低下のために良い(Henner Hanssen et al. Eur J Prev Cardiol. 2021)。
☑  エネルギー摂取量の不足は2型糖尿病を持つ高齢者の筋肉量減少と関連していた (Rena Kawano et al. Clin Nutr. 2021) 。
☑  収縮期血圧130~139mmHg/拡張期血圧80~89mmHgの段階から、心不全や心房細動のリスクが上昇する可能性がある (Hidehiro Kaneko et al. Circulation. 2021)。 
☑  アメリカ人の3万5488人の体温調査 によると、平均体温は36.6℃、 午前8時の体温が最も低く午後4時に最も高い 、夏が低く冬が体温が高い 、加齢に伴い低くなる 、熱が0.149℃の上昇すると死亡率上がる、とのこと (Ziad Obermeyer et al. BMJ. 2017) 。
☑  一人暮らしと社会的孤立は2型糖尿病の発症とは有意に関連していなかったが、孤独感は2型糖尿病の危険因子と関連あり (Ruth A Hackett et al. Diabetologia. 2020) 。

認知症関連

☑ 身体活動が多い人・読書時間が長い人は、高齢者の認知症のなりにくさと関連がある(Nemoto,Pros ONE.2018)。
☑ ゲームやコンピューターは認知症・老化予防に有効(Shelton BE,2015)。
☑ 1日の活動量が多い人程、アルツハイマー認知症になりにくい(Buchman,2012)。
☑ 降圧剤で血圧を下げることは、認知症発症リスク低下に有意に関連している( Diarmaid,JAMA,2020)。
☑ 平均身長より6㎝高い人は認知症になるリスクが10%低かった(Terese Sara Hoj Jorgensen et al, the journal eLife,2020)。
☑ アルツハイマー型認知症の人は歩行時の歩幅のばらつきが多い(Frederico Pieruccini-Faria et al,2021)。
☑ 心血管系リスク因子は脳の代謝低下に関連がみられ、高血圧が最も強い関連を示した(J Am Coll Cardiol. 2021)。
☑ 筋トレは健康な成人の認知機能を即座に向上させる(Jan Wilke et al. Sports Med. 2019)。
☑  認知症罹患率はeGFRが低いほど徐々に高くなる。1年以内のeGFRの急激な低下は認知症リスクと強く関連していた(Hong Xu et al. Neurology. 2021) 。
☑  暗算が起立性低血圧を緩和させた(Nandu Goswami et al. Physiol Behav. 2012) 。
☑  元サッカー選手は、 虚血性心疾患、肺癌による死亡率は対照群よりも低いが、アルツハイマー病での死亡率高い。 (Daniel F Mackay et al. N Engl J Med. 2019) 。
☑  体重増加を有意に増大させるレベルの長期的な砂糖摂取が、エピソード記憶と空間記憶の両方に影響を与えることを発見した (Kate Beecher et al. Front Neurosci. 2021) 。

その他

☑ 子供の時の認知機能が高い人ほど、中年後期(40~50代)からの身体能力の低下が少ない(Rachel Cooper,2017)。
☑ 皮膚への触覚刺激は、脳の側坐核でドーパミンの放出を増加させる(動物実験)(PMID:22411566)。
☑ 運動をすると消化器ホルモンが分泌され、食欲が抑制される(Yoshikawa T,2011)。

☑  「身心一如」は身を,「心身一如」は心を重じてきた。したがって現在用いている「心 身一如 」の本来の意味は身を重視した「身心一如」にあると考えられる( 仲紘嗣,2011)。
☑ ひゃっくりを止めるには、自分の吐いた息(二酸化炭素)を吸うと良い(Toshiro Obuchi et al.2018)。
☑ 人は移動が多い程幸福を感じる。また、移動も毎日同じではなく、多様性がある方が幸福感が高い(Aaron S Heller,2020)。
☑ 家族を介護をしている人は、家族を介護していない人と比べて、高血圧と腎機能不良の割合が多い(Yasuko Torimoto-Sasai et al. BMC Public Health. 2015)。
☑ 所得・学歴・自己決定・健康・人間関係の5つについて幸福感と相関するかについて分析すると、自己決定が最も幸福感と相関した(Nishimura et al,2019)。
☑  家庭の社会経済的地位は児童の学業成績に影響を与え、体力もそれに関与しているかもしれない (Mikkel Porsborg Andersen et al. Sports Med. 2019) 。
☑  幼少期の添加糖の過剰摂取が、腸内細菌叢を介して記憶機能に悪影響を及ぼす可能性あり(動物実験レベル) (Emily E Noble et al. Transl Psychiatry. 2021) 。
☑  幼少期から中年期までの縦断的な収縮期血圧の上昇、総コレステロールの高値、肥満は中年期の認知機能と逆相関していた (Juuso O Hakala et al. Circulation. 2021) 。
☑  慢性疼痛は女性に多く遺伝的な要因が関与している可能性がある。 また、慢性疼痛に関与する遺伝子の多くは脊髄後根神経節で発現している(Keira J A Johnston et al. PLoS Genet. 2021)。 
☑ ハードロックやヘビーメタルがBGMだと、不健康な食事を選択しやすい(Danni Peng-Li et al. Appetite. 2021) 。
☑  プロサッカーの現役選手の38%、元選手の35%がうつまたは不安障害に苦しんだ (Vincent Gouttebarge et al. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2016 /J Sports Med Phys Fitness. 2016) 。
☑  3〜5歳児はマスクをしている人の顔から喜びと悲しみを読み取るのが難しい (Monica Gori et al. Front Psychol. 2021) 。
☑  母親の妊娠中の受動喫煙頻度と、出生児の1歳時点での喘鳴発症リスクは相関する (Takuya Wada et al. Allergol Int. 2021) 。

COVID-19関連

☑  レジスタンストレーニング、有酸素トレーニングに加え、高強度インターバルトレーニングと中強度連続トレーニングを組み合わせる運動を150分/週以上すると感染率や基礎疾患を減少させ、COVID-19に伴う死亡率の低下させる ( PMID: 33013486)
☑  COVID-19による症状(呼吸器症状、疲労感、認知機能)が続いている人に、週2回のリハビリを6週間行うと統計的に有意な改善がみられた(Enya Daynes et al. Chron Respir Dis. Jan-Dec 2021) 。
☑  マスクをしていると喉の湿度が保たれて感染を遅らせたり重症度を減らす(Joseph M Courtney et al. Biophys J. 2021) 。
☑  常に運動不足であったCOVID-19患者は、常に身体活動ガイドラインを満たしていた患者に比べて、COVID-19による入院、ICUへの入室、死亡のリスクが高かった ( PMID: 33849909 )。
☑  COVID-19による自宅待機が肥満患者の83.6%が抑うつの増加、47.9%が運動時間の短縮、61.2%がストレス食の増加 などがみられた (Jaime P Almandoz et al. Clin Obes. 2020) 。
☑   COVID-19のロックダウン中、テレビやスマホなどのスクリーンの見過ぎで睡眠の質の低下した方が多かった(Federico Salfi et al. Sleep. 2021) 。
☑  COVID-19感染症流行時の 外出 ・人との交流 ・社会参加 が長期間制限されることにより、 高齢者のうつ ・認知症 ・要介護及びその後の重症化 、早期死亡 のリスクが高まる可能性がある(木村美也子ら,2020)。 

リハミー セミナー 勉強会 理学療法士 整体